パティシエ、ブログ、やる

とあるパティシエの頭の中

B’z秋冬に聞きたい曲TOP5

大寒波到来らしいですね。

さて、そんな肌寒いときに聞きたいB’zの曲を5つ選びたいと思います。

完全に個人の趣味なので異論は認めまくります。

 

第5位 The Wild Wind

Mステで稲葉さんがアコギ弾きながら座って歌っているのが、スーパーセクシーアンド貴重でしたよね。

 

第4位 MOTEL

重ねてもはみだす心  安い石鹸のようにすり減らし

とか

1人じゃないから汚れながら生きてる

とか大人になると心に刺さる歌詞。

そしてクライマックスにかけての稲葉さんのシャウト。カッコよすぎ。

 

第3位 夢見が丘

不倫の歌。

最後のサビでボーカルとギターでのユニゾンがシビれる。そのあとの松本さんのギターソロが心の琴線に触れまくる。

 

第2位 傷心

B’z版もう恋なんてしない。

Mステの最後のシャウトはマジで男も濡れるやーつ。

ギターソロのトーンがいつもと違うのもおしゃれ。

 

第1位 Calling

秋冬関係なく1番好きな曲。

壮大なバラードをハードロックでサンドウィッチしたようなぶっ飛んだ構成。それがいい。

初めて聞いたときはラブソングかと思っていたけど、実はB’z2人の熱い友情ソング。

ボーカルとギターのコールアンドレスポンスはプライセレス。

これもMステスーパーライブのシャウトヤバかった。あれ一発でファンになっちゃったもん。

 

誰にも真似できない同じ夢を見よう

 

そんな関係性を持てるってすごい幸せだよね。

 

ボキャ貧過ぎて充分に曲の良さ伝わってないと思うけど、B’zの曲はホントにハイクオリティなのでぜひ聞いてみてください!

 

 

お題「好きなバンド」

5年後の自分へ

常に考えて、常に行動して、何か積み上げろ。

バカなんだから勉強しろ。

神は細部に宿る。ディテールがクオリティを決める。こだわりつくせ。

勝つまで積み上げ続けろ。

 

はてなブログ5周年ありがとうキャンペーンお題第2弾「5年後の自分へ」
http://blog.hatena.ne.jp/-/campaign/hatenablog-5th-anniversary

食べ物の本来の価値って

いろんな人が様々なところで付加価値をつけろって言うけど、じゃあその食べ物の本来の価値と付加価値ってなんなんだろうか。

 

あれこれ考えてみると、

 

食べ物の本来の価値は食べられるということだけ

 

やっぱりこれなんだと思う。

そしてそれ以外の要素、例えばおいしい、安い、おしゃれとかは全部付加価値。

 

ずーっと厨房にこもってケーキ作ってると、美味しくすることばっかり集中しちゃって、他の付加価値を忘れがちだけど、美味しいこと以外にもたくさん付加価値はあるから、そこを取りこぼさないようにしないとな。

パリのクリスマス

そろそろクリスマスである。

 

繁忙期が始まり、世のパティシエたちは帰れない夜が続く。

 

かく言う僕は現在ケーキ屋にいないので、例年に加え穏やかな日々を過ごしている。

 

去年はパリでクリスマスを迎えた。

友達と食べたune glace à Paris のブッシュドノエル。アントルメグラッセというアイスでできたケーキ。柑橘系のシャーベットが層になっていて甘酸っぱくて爽やかで美味しかったなぁ。あのお店で特に美味しかったのは燻製バニラのアイスクリーム。あれを食べるためだけにパリに行きたい。

 

今年はどこのクリスマスケーキを食べようか。

はじめまして、パティシエです。

2016.11.6

 

今日もケーキを食べる。

 

池袋で買ったセバスチャンブイエのタルトポワールとムラングシャンティ。

 

いつも通り写真を撮る。

 

半分に切り中身を確認と同時に切った感覚で鮮度も大体わかる。

 

タルトやメレンゲは時間が経てばサクッとした感触は失われてしまう。

 

 一口食べて、思いつく。

 

この食べ歩きを記録に残したい。そして、誰かとシェアして反芻したい。

 

このブログはパティシエがいろんなところでいろんなものを食べて感じたことをつぶやくだけのブログにしていきたい。現時点では。

 

まー多分一ヶ月もしたら、B’zこれは聞いとけおすすめトップテンとかやってそう。。

 

それでもケーキを買うときの一助になれたら、もっと言うと日本のフランス菓子文化を盛り上げられたら幸いです。

 

それでは、ボナペティ!